岡本 誠司プロフィール

岡本 誠司

1994年6月生まれ。2017年に東京藝術大学を卒業後、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学の修士課程で研鑽を積みながら、日本およびヨーロッパで精力的にソロや室内楽の演奏活動を行っている。2019年秋よりクロンベルク・アカデミーに在籍。

2014年、第19回J.S.バッハ国際コンクール(ドイツ・ライプツィヒ)のヴァイオリン部門にてアジア人で初めて優勝、併せて聴衆賞を受賞。2016年、第15回ヴィエニャフスキ国際コンクール(ポーランド・ポズナン)第2位。同年、第6回仙台国際音楽コンクール第6位、聴衆賞を受賞。2019年5月、エリザベート王妃国際コンクール(ベルギー)にてファイナリスト入賞など、国際コンクールでの入賞歴多数。これまでに国内では、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、群馬交響楽団、千葉交響楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団などと共演。海外では、ベルギー国立管弦楽団、サンクトペテルブルク交響楽団や、NFMヴロツワフ・フィルハーモニー管弦楽団、オポーレ・フィルハーモニー管弦楽団などポーランド各地のオーケストラとも多く共演を重ねている。共演した指揮者には、井上道義、円光寺雅彦、高関健、広上淳一、山下一史、大井剛史、鈴木織衛、斎藤一郎、海老原光、太田弦や、ジャン・ジャック・カントロフ、ヒュー・ウルフ、マレク・ピヤロウスキ、ウカシュ・ヴォロヴィチ、ピオトル・スコフスキ、プシェミスワフ・ノイマンの各氏などが挙げられる。

また、ライプツィヒ・バッハ音楽祭(ドイツ)、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(東京)、ムジカ・ムンディ音楽祭(ベルギー)、ヴィエニャフスキ音楽祭(ポーランド)などの国際音楽祭にも出演している。

これまでに富川歓、中澤きみ子、ジェラール・プーレ、澤和樹、アンティエ・ヴァイトハースの各氏に師事。(公財)ローム音楽財団2015、16年度奨学生。(公財)明治安田生命クオリティオブライフ文化財団2018、19年度助成対象者。

千葉県知事より顕彰され、台東区文化・スポーツ奨励賞、市川市文化振興財団芸術文化奨励賞。また、大学内では東京藝術大学平山郁夫文化芸術賞、安宅賞、アカンサス賞を受賞。

NPO法人イエロー・エンジェルよりG.F.プレッセンダの貸与を受け、㈱日本ヴァイオリンより名器貸与特別助成を受けている。

 

 


 

岡本誠司(ヴァイオリン) 協奏曲レパートリー一覧(2020年9月時点)

(日本語(邦題)版、作曲者生年順)

 


 

ヴィヴァルディ

  • “四季” (ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』より)
  • 4つのヴァイオリンのための協奏曲 ロ短調

J.S.バッハ

  • ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 BWV1041
  • ヴァイオリン協奏曲第2番 ホ長調 BWV1042
  • 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043

ハイドン

  • ヴァイオリン協奏曲第1番 ハ長調

モーツァルト

  • ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216
  • ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K.218
  • ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 K.219
  • ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364
  • アダージョ ホ長調 K.261
  • ロンド ハ長調 K.373

ベートーヴェン

  • ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
  • ロマンス へ長調 作品50

メンデルスゾーン

  • ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64

シューマン

  • ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 WoO 23

ヴュータン

  • ヴァイオリン協奏曲第5番 イ短調 作品37

ヴィエニャフスキ

  • ヴァイオリン協奏曲第2番 ニ短調 作品22
  • 華麗なるポロネーズ ニ長調 作品4
  • レゲンデ(伝説曲) 作品17

ブルッフ

  • ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 作品26
  • スコットランド幻想曲 作品46

ブラームス

  • ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
  • ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102

サン=サーンス

  • ヴァイオリン協奏曲第3番 ロ短調 作品61
  • 序奏とロンド・カプリツィオーソ 作品28

チャイコフスキー

  • ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
  • ワルツ・スケルツォ 作品34 (オリジナル版および短縮された普及版)

ショーソン

  • 詩曲 作品25

エルガー

  • ヴァイオリン協奏曲 ロ短調 作品61

シベリウス

  • ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47

ラヴェル

  • ツィガーヌ

バルトーク

  • ヴァイオリン協奏曲第2番

プロコフィエフ

  • ヴァイオリン協奏曲第2番 ト短調 作品63

ショスタコーヴィチ

  • ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 作品77(99)

ストラヴィンスキー

  • ヴァイオリン協奏曲

ベルク

  • ヴァイオリン協奏曲 (“ある天使の思い出に”)

コルンゴルト

  • ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35

ハチャトゥリアン

  • ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品46

バーバー

  • ヴァイオリン協奏曲 作品14

ハッコラ

  • “フィドル” 作品99 (2019)
©︎qeimc2019
SEIJI OKAMOTO
in English

A Berlin-based Japanese violinist Seiji Okamoto was born in 1994, began to play the violin at the age of three.

In 2014, Seiji won 1st prize and audience award at 19th International J. S. Bach Competition in Leipzig (Germany), became the first Asian winner of the event (violin category).

In 2016, won 2nd prize at 15th International Wieniawski Violin Competition in Poznan(Poland).

In 2016, he also won 6th prize at 6th Sendai International Music Competition(Japan).

In 2019, became a Laureate of the Queen Elisabeth International Music Competition in Brussels.

He had many opportunities to play in concerts with orchestras, as well as recitals and chamber music, not only in Japan but also in Germany, Poland, Austria, Belgium, Italy, Croatia, Russia and United States.

As a soloist, he has performed various concertos with great orchestras such as MDR-Sinfonieorchester Leipzig (Germany), St. Petersburg State Academic Symphony Orchestra (Russia), Belgian National Orchestra, Orchestre Royal de Chambre de Wallonie (Belgium), NFM Filharmonia Wroclawska, Opole Symphony Orchestra, Lodz Philharmonic Orchestra, Plock Symphony Orchestra (Poland), Yomiuri Nippon Symphony Orchestra, New Japan Philharmonic, Nagoya Philharmonic Orchestra, Sendai Philharmonic Orchestra, Orchestra Ensemble Kanazawa (Japan) and so on.

Also he has invited to performing in famous music festivals such as Bachfest Leipzig (2015), La folle journee au Japon (2015, 2017), Musica Mundi Festival in Brussels (2017), Wieniawski Festival in Sczawno-Zdroj(Poland) (2018), Kronberg Academy Festival (Germany) (2019).

He graduated Tokyo University of the Arts (Tokyo Geidai), he has studied with K. Nakazawa, G. Poulet, K. Sawa, also belonged to the classes of P.Amoyal and H.Zack at the university, and taken masterclasses with many wonderful musicians not only violinists but also conductors, pianists, violists and cellists.

From 2017, he moved his main base of activities to Germany and started studying with Prof. Antje Weithaas at Hochschule für Musik “Hanns Eisler” Berlin.

Currently, Seiji is studying at Kronberg Academy as a Professional Studies student with Prof. Antje Weithaas. (These studies are funded by the Gingko Goundation.)

 


 

Seiji Okamoto (Violin) – Concerto Repertoires (Sep. 2020)

-works for violin and orchestra

 


 

J.S.Bach

  • Concerto No.1 in a minor BWV1041
  • Concerto No.2 in E major BWV1042
  • Concerto for 2 violins (Double Concerto/Doppelkonzert) BWV1043

Barber

  • Concerto Op.14

Bartok

  • Concerto No.2

Beethoven

  • Concerto in D major Op.61
  • Romance No.2 in F major Op.50

Berg

  • Concerto (“To the memory of an angel”)

Brahms

  • Concerto in D major Op.77
  • Concerto for violin and cello (Double Concerto/Doppelkonzert) in a minor Op.102

Bruch

  • Concerto No.1 in g minor Op.26
  • Scottish Fantasy Op.46

Chausson

  • “Poeme” Op.25

Elgar

  • Concerto in b minor Op.61

K.Hakola

  • “Fidl” Op.99 (2019)

Haydn

  • Concerto No.1 in C major

Khachaturian

  • Concerto in d minor Op.46

Korngold

  • Concerto in D major Op.35

Mendelssohn

  • Concerto in e minor Op.64

Mozart

  • Concerto No.3 in G major KV216
  • Concerto No.4 in D major KV218
  • Concerto No.5 in A major KV219
  • Sinfornia Concertante for violin and viola in E-flat major KV364
  • Adagio in E major KV261
  • Rondo in C major KV373

Prokofiev

  • Concerto No.2 in g minor Op.63

Ravel

  • Tzigane

Saint=Saens

  • Concerto No.3 in b minor Op.61
  • Introduction and Rondo Capriccioso Op.28

R.Schumann

  • Concerto in d minor WoO 23

Shostakovich

  • Concerto No.1 in a minor Op.77(Op.99)

Sibelius

  • Concerto in d minor Op.47

Stravinsky

  • Concerto (1931)

Tchaikovsky

  • Concerto in D major Op.35
  • Valse-Scherzo Op.34 (both original version and common version with shortening)

Vivaldi

  • The Four Seasons
  • Concerto in b minor for 4 violins

Wieniawski

  • Concerto No.2 in d minor Op.22
  • Polonaise de Concert (Polonaise brillante) No.1 in D major Op.4
  • Legende in g minor Op.17

 

©️Wieniawski Office
SEIJI OKAMOTO
in German- auf Deutsch

Der in Berlin lebend Japanischer Geiger Seiji Okamoto wurde 1994 geboren und begann mit drei Jahren mit dem Violinspiel.

Seiji Okamoto gewann 2014 den ersten Preis und den Publikumspreis des Internationalen J. S. Bach Wettbewerbs in Leipzig und wurde damit zum ersten asiatischen Gewinner in der Kategorie Violine gekürt.

2016 wurde er mit dem zweiten Preis beim Internationalen Wienawski Violinwettbewerb in Poznan ausgezeichnet.

Beim renommierten Queen Elisabeth Wettbewerb in Brüssel gehörte er 2019 zu den Finalisten.

Er studierte bei Kimiko Nakazawa, Gérard Poulet und Kazuki Sawa an der Universität der Künste Tokio (Tokyo-Geidai). Weitere Impulse bekam er von Pierre Amoyal und Herwig Zack in dieser Zeit.

Seit 2017 lebt und studiert Seiji Okamoto in Berlin, wo er sein Studium an der Hochschule für Musik Hanns Eisler Berlin bei Antje Weithaas fortführte.

Seit 2019 studiert er im Kronberg Academy als Professional Studies Student bei Antje Weithaas. Das Studium wird ermöglicht durch die Gingko Foundation.

Als Solist konzertierte er bereits mit Orchestern wie dem MDR-Sinfonieorchester Leipzig, dem St. Petersburg State Academic Symphony Orchestra, der NFM Philharmonia Wroclawska, dem Opole Symphony Orchestra, dem Łódź Philharmonic Orchestra, dem Yomiuri Nippon Symphony Orchestra, den New Japan Philharmonics, dem Nagoya Philharmonic Orchestra, dem Sendai Philharmonic Orchestra und dem Orchesterensemble Kanazawa.

Außerdem nahm er an bekannten Musikfestivals teil, darunter das Bachfest 2015, La folle journée au Japon 2015 und 2017, das Musica Mundi Festival 2017, das Wienawski Festival 2018 und das Kronberg Academy Festival 2019.

 


 

Seiji Okamoto (Violin) – Concerto Repertoires (Sep. 2020)

-works for violin and orchestra

 


 

J.S.Bach

  • Concerto No.1 in a minor BWV1041
  • Concerto No.2 in E major BWV1042
  • Concerto for 2 violins (Double Concerto/Doppelkonzert) BWV1043

Barber

  • Concerto Op.14

Bartok

  • Concerto No.2

Beethoven

  • Concerto in D major Op.61
  • Romance No.2 in F major Op.50

Berg

  • Concerto (“To the memory of an angel”)

Brahms

  • Concerto in D major Op.77
  • Concerto for violin and cello (Double Concerto/Doppelkonzert) in a minor Op.102

Bruch

  • Concerto No.1 in g minor Op.26
  • Scottish Fantasy Op.46

Chausson

  • “Poeme” Op.25

Elgar

  • Concerto in b minor Op.61

K.Hakola

  • “Fidl” Op.99 (2019)

Haydn

  • Concerto No.1 in C major

Khachaturian

  • Concerto in d minor Op.46

Korngold

  • Concerto in D major Op.35

Mendelssohn

  • Concerto in e minor Op.64

Mozart

  • Concerto No.3 in G major KV216
  • Concerto No.4 in D major KV218
  • Concerto No.5 in A major KV219
  • Sinfornia Concertante for violin and viola in E-flat major KV364
  • Adagio in E major KV261
  • Rondo in C major KV373

Prokofiev

  • Concerto No.2 in g minor Op.63

Ravel

  • Tzigane

Saint=Saens

  • Concerto No.3 in b minor Op.61
  • Introduction and Rondo Capriccioso Op.28

R.Schumann

  • Concerto in d minor WoO 23

Shostakovich

  • Concerto No.1 in a minor Op.77(Op.99)

Sibelius

  • Concerto in d minor Op.47

Stravinsky

  • Concerto (1931)

Tchaikovsky

  • Concerto in D major Op.35
  • Valse-Scherzo Op.34 (both original version and common version with shortening)

Vivaldi

  • The Four Seasons
  • Concerto in b minor for 4 violins

Wieniawski

  • Concerto No.2 in d minor Op.22
  • Polonaise de Concert (Polonaise brillante) No.1 in D major Op.4
  • Legende in g minor Op.17